投稿日:2023年3月29日

要チェック!委託ドライバー業務でよくあるトラブルと対策

こんにちは!東京都武蔵村山市と東大和市に事務所を構え、宅配便・軽貨物運送業を手掛けている合同会社TASUKUです。
委託ドライバーとして業務にあたる中で、さまざまなトラブルに遭遇することがあると思います。
今回は、委託ドライバー業務でよくあるトラブルとその対策について分かりやすくご紹介していきます。

顧客への対応

宅配
委託ドライバーの業務でよくあるのが顧客対応トラブルです。
例えば、配送前に連絡してほしいという要望のあったお客様に、事前連絡をしないまま荷物を届けてしまうといったトラブルは、クレームにつながってしまう恐れがあります。
また、お客様からの電話連絡があったにもかかわらず、折り返しの電話を入れずに放置してしまうというトラブルも起こりやすいため注意が必要です。
逆にいうと、ドライバーの細やかな対応一つでお客様から感動され、次の仕事につながるということもあり得ます。
困った時こそ勝手な判断をするのではなく、連絡や相談、報告を意識することが大切です。

荷物の破損・汚損

荷物の破損や汚損の原因は、荷物を取り扱っている人間の不注意となるのが基本のため、ドライバーは責任を問われる可能性が高いということを念頭に置く必要があります。
素早く仕事をしたいと考えるあまり、荷物を丁重に扱う意識が低くなってしまうことが少なくありません。
預かった荷物を最後まで丁寧に扱うことがとても大切です。
もし、依頼された荷物が手元に届いた段階で破損や汚損の可能性を感じたならば、そのまま荷物を届けるのではなく速やかに報告することをおすすめします。

配送ミス・遅延・誤配

委託ドライバーの仕事は、指定された住所・指定の時間に正確に届けるのがメインの仕事であるため、配送ミスや誤配は致命的なミスといえます。
交通渋滞などで配送が遅れてしまいそうな時は、自分から配送先にお詫びの連絡を入れることで、相手の心象は変わってくるので恐れずに連絡を入れるようにしましょう。
ミスをしてしまったにもかかわらず、そのまま配送先を訪問するのは、不快な思いをしたことからクレームにつながってしまう恐れがあります。
似ている住所や名前、A棟やB棟など、間違いが起こりやすいケースもあるため、二度三度しっかりと確認することが大切です。

【求人】TASUKUでは新規スタッフを募集中!

白ブロック・RECRUIT
合同会社TASUKUでは、委託ドライバーとして軽貨物ドライバーと、フードデリバリー配送ドライバーの職種を求人募集中です。
高収入を目指してたくさんシフトを入れたい方、副業として本業に支障のない範囲で働きたい方など、自分のペースで働いていただける環境です。
ドライバー経験がある方からのご応募はもちろんのこと、転職先としてのご応募も歓迎しています。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

採用情報
宅配便なら武蔵村山市の軽貨物運送業者『合同会社TASUKU』へ|求人
合同会社TASUKU


関連記事

配達のあれこれ⁉

配達のあれこれ⁉

荷物の配達に必ず必要なものって何かわかりますか??       &nb …

宅配便1日の流れ

宅配便1日の流れ

宅配便とは、その名の通り個人宅へ荷物をお届けする仕事です! 弊社で携わっている大手運送会社の仕事内容 …

やっと涼しくなり、繁忙期に向けて集まれ!

やっと涼しくなり、繁忙期に向けて集まれ!

暑い夏も終わりが見えてきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 炎天下の中、配達を続けてきました …

採用情報  求職者のみなさまへ